darbuka meeting vol.9 高知 その2
ベリーダンサー・クラーニャ 月と舞う夢 - ベリーダンスを愛する人へ。これから、出会う人へ。 ・
RSS ファンになる

最新記事

darbuka meeting vol.9 高知 その2
darbuka meeting vol.9 高知 その1
市民文化フェスタ2017
星月夜の戯れ~ホシヅキヨノタワムレ~ レポ完結編
星月夜の戯れ~ホシヅキヨノタワムレ~ レポ3

カテゴリー

ダラブッカ♬
ベリーダンス♬
日々のいろいろ。
検索エンジンの供給元:

Krania のつれづれ日記。

darbuka meeting vol.9 高知 その2

やっとこさのレポート第二弾!!(*'▽')

前日の投げ銭ライブの熱冷めやらぬまま、
9日はdarbuka meeting vol.9 !

場所はオシャレなLIVE BAR Sha.La.La

ミーティング前に、
『アブダラーさんと永田充さんによる
ダラブッカアンサンブルWS』が開催されました(^^)













アンサンブルに生かせるリズムパターンをいくつか紹介して頂いた中に

 ●ファラーヒ 
 ●バンビ

これ、めっちゃ好き!!

バンビの 力強い DDD の後にくる
Pンン P ンン P ンン ってとこがもう、たまらなく気持ちいい❤

あ、表現が若干、セクシー路線へ脱線してしまいました。笑

でも、こういう、このリズム、好き!!ていうの、ありませんか??
ありますよね?(*‘∀‘)

WS参加者全員が半分ずつにわかれて、このファラーヒとバンビのリズムを
叩き、交互に掛け合う時の、あの何とも言えない高揚感。
感じていたのは、私だけではないはずです。

で、その後、充さんが参加者をランダムにグループ分けして、
このアンサンブルを取り入れた短い曲を作り、皆の前で発表する。
というお題を頂戴し。

リーダーにサディーカのゆうこさん、
千尋ちゃん、じゅりさん、私、とくこさん、ゆみこさんの
女子6人のグループにて、意見を出し合いながら曲を作り、
皆の前で披露しました。













皆さん、叩ける方たちばかりだったので、私は迷惑をかけないように!
全員ソロ回しを入れたので、コケないようにがんばりました。

こんな風に、普段会わない方たちと一緒に曲を考え、一緒に叩くという
グループワークは初めてで、ちょっと緊張しましたがすごく楽しかった♪

他の皆さんのグループ発表も、それぞれの個性があったりして、
興味深く拝見しました。

このミーティングに参加することを決めた当初は、発表するだけでも
緊張するのに、その前にWS受けてる余裕は私たちにはないから、
その間に発表の練習しとかなきゃ。
と、WSは受けないつもりだったんです。

でも、牧瀬さんが、
そんなこと気負わずに、受けたらいいのに。
こんな機会はそうそう作れないですから。ぜひ。と
お声かけくださって。

ほんと、受けてよかったです。
牧瀬さん、ありがとうございます✨

そして

アッシャムスとサディーカの皆さんの合同パフォーマンスから
幕をあけた darbuka meeting が始まりました!!























土佐の郷土らしさをふんだんに盛り込んだ、皆さんの演奏。
仲の良さも伝わってきて、とっても素晴らしかったです(≧▽≦)

オープニングの後、発表枠のグループがそれぞれに個性を発揮した
パフォーマンスを披露。

私たちは4番目の出番、ドキドキしながらステージに座りました。

いざ叩き出すと、緊張は割とすぐにほぐれて、メンバー二人の顔を
見ながら、心地よい流れに乗れました。












途中、私がスーパーサイーディーのところがぽっかり抜けてしまって
あわわ。な顔をしてしまいましたが、他の二人が崩さずに叩いてくれたので
すぐに思い出し、軌道修正。

ギャラリーの皆さんの温かい手拍子や掛け声のおかげで、
それ以外の部分は、今までの練習のどれよりも、よい出来だったのでは。
と思えるくらい、気持ちよく演奏し終えることができました(*^_^*)

ここで披露した曲は、木下さんが愛媛に通って感じた風土をもりこんで
作ってくださった、「575shiki」という曲に、
私たちのアレンジも少し加えたものです。

最後の独特のリズムは、

D ktk T tk     かきくえば
D kk T k DD  かねがなるなり
D ktk P    ほうりゅうじ
(tktktk)   (まさおかしき)

という、俳句のリズムだったのです。
最後の挨拶の時に、紹介しとけばよかった!

他の皆さんの発表も、それぞれに個性があって素晴らしかったです!
本当は皆さんそれぞれの感想を全部並べたいところですが、そうなるともう
古代の密教の巻物くらいに長くなってしまうので
またお会いした時に個別に述べさせてください_(_^_)_

そしてそして、プロ奏者の皆さんのステージです!!

























もう、ありがとうございます。
素敵です。としか、言えません。
言葉でうまく表現できません。
生音を、奏者の発するエネルギーを、肉眼で見て、触れて感じてください。
私のこの表情が、すべてを物語っています。














こんな漫画みたいウットリ、そうそう見られないですよ。
自分でもびっくりしちゃいました。(*ノωノ)

プロ奏者の皆さんのショーが終わった後の、熱気冷めやらぬ会場から、
後ろ髪引かれる思いで、私たち愛媛組3人はお先に失礼することに。

帰る前に、アブさまと記念写真を!!
と、会場を去ろうとされているアブさまを引き止め、パシャリ。















ありがとうございます・・・( *´艸`)
これでもう、思い残すことはありません。
(ミキさんがいない・・・抜け駆けごめんよ!(。-人-。) )

そうして、われら愛媛の三人娘は、
意気揚々と、松山へと帰路へ着いたのでした。

高知での二日間。
キラキラの時間を、ありがとうございました!!
このミーティングでお世話になった皆さんに、感謝でいっぱいです。
また、お会いできることを楽しみに・・・❤


darbuka meeting vol.9 高知 その2に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment