東京レポート第二弾☆
ベリーダンサー・クラーニャ 月と舞う夢 - ベリーダンスを愛する人へ。これから、出会う人へ。 ・
RSS ファンになる

最新記事

darbuka meeting vol.9 高知 その2
darbuka meeting vol.9 高知 その1
市民文化フェスタ2017
星月夜の戯れ~ホシヅキヨノタワムレ~ レポ完結編
星月夜の戯れ~ホシヅキヨノタワムレ~ レポ3

カテゴリー

ダラブッカ♬
ベリーダンス♬
日々のいろいろ。
検索エンジンの供給元:

Krania のつれづれ日記。

東京レポート第二弾☆

東京に出る、しかも単品で(家族同伴ではなく)ということは、家庭持ちにはなかなか簡単ではないこと。

その非日常を最大限に楽しむべく、初日の肉祭りの後は、、、新宿2丁目というところへ、社会勉強に(笑)

たまたま、宿泊しているホテルから徒歩圏内が、まさにその界隈。
テレビとかで、なんとなく、のイメージは持っていたものの、リアルに目の前に広がる光景は、
それはそれは、田舎者には刺激的でございました。


自分が知っている世界は、広い広い世界の、ごくごく一部。
自分が知っている人々は、あまたに暮らす人々の中の、ごくごく限られた人たち。

でも、話してみると、自分とまったく違う、特殊な人たち、ってわけではなくて。
自分を認めること。自分と違う考えの人も、はじいたり拒否したりず、その違いを認めること。


それは、ダンスという表現をする時にも、大事なことじゃないかな~。

だって、同じ身体、同じ心を持つダンサーなんて、この世に一人もいないんだもの。

みんな、それぞれの身体、それぞれの心。
それまで生き、培ってきた人生での糧。経験。

喜びも悲しみも、生きづらさも、色んなものをその人なりに表現するのが、ダンスであり、
表現しようとするのが、ダンサー。

だから、誰が一番すごい、とか、そういう序列に、私は全く、興味がない。

上も下もない。 自分が素直に素敵だと思ったら、無名だろうが有名だろうが関係ないし、
道端で踊る小さな子供だって、楽しそうに体をゆらすおばあちゃんだって、その瞬間、
ものすごく輝いてたりする。

技術より、本当は、その人が何を放射しているか。が、最終的には、観る人を強くとらえるんだろうな。

な~んて、しんみり、それっぽいことをつぶやいてしまいました。


もちろん、その上で、自分の表現力を磨くための技術を身につける努力は、大事だけどね!
だから、東京まで来たのだから。


話が脱線・・・(^^;

で、二日目のレポートなんだけど、WSは午後からだったので、午前中に行きたかったところへ♪

蜷川実花 写真展「IN MY ROOM」@渋谷。

一か月くらい前に、テレビでこの写真展のことを紹介してるのを見て、ちょうど東京行くやん!
観たい~!!と思っていたのでした。
はい、今をときめくイケメンたちを撮り下ろした写真展でございます。(≧▽≦)




















































はい、細胞レベルから、若返りました。

いやぁ、もっともっと、他のイケメンたちも紹介したいところですが!!
一応、ベリーダンスのカテゴリーのブログなので、この辺にしておきましょう(笑)


で、午後、二日目のWSは

⑤ヨーコ先生による 実力強化:コンビネーション

  基本のステップをよりロマダンスらしく、振付や即興をより魅力的に踊るための実力強化レッスン。

 マカス、というステップで、後ろから前に戻る時に、私は無意識にアンジュレーションを入れていたらしく、アンジュは入れないで!と注意を受けました。


⑥ヨーコ先生による ロマ(振付)

 アウルロマ(ゆっくりと、重たい曲調)から軽快なロマ9/8へ、さらにモダンな9/8リズムへと展開していく、ステージパフォーマンスの決定版のようなドラマティックな振付。

細かい動き、モダンダンスの要素を取り入れた最後のパートは、ほんとカッコイイ!!


こうして、二日間で計6コマのロマ集中WSを修了しましたーー。



    




























汗だくでほぼすっぴん状態の私たち受講生と、お綺麗な先生方。

宝石箱の中に飛び込んだようなスペシャルな二日間、ありがとうございました!!
一緒に参加できた舞ちゃん、知子さんも、ありがとう~~!!

帰りの空港で、搭乗時間までちょっとしかないのに、ラーメンを食べたいという私のわがままにつきあってくれてありがとう。。。結局ラーメンじゃなかったけど、お肉スープ茶漬け、美味しかった♬

そして・・・

私の帰りを待っていてくれたパパさんと子供たち。
Thank you sooooo much❤


























東京レポート第二弾☆に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment