愛媛ニコルショー&交流ハフラ!!
ベリーダンサー・クラーニャ 月と舞う夢 - ベリーダンスを愛する人へ。これから、出会う人へ。 ・
RSS ファンになる

最新記事

darbuka meeting vol.9 高知 その2
darbuka meeting vol.9 高知 その1
市民文化フェスタ2017
星月夜の戯れ~ホシヅキヨノタワムレ~ レポ完結編
星月夜の戯れ~ホシヅキヨノタワムレ~ レポ3

カテゴリー

ダラブッカ♬
ベリーダンス♬
日々のいろいろ。
検索エンジンの供給元:

Krania のつれづれ日記。

愛媛ニコルショー&交流ハフラ!!


5月14日、土曜日。天気は晴れ。なんて清々しい週末の朝!

愛媛は松山市、松山城のすぐふもとにある小劇場・シアターねこにて
愛媛ニコルショー&交流ハフラが開催されました!!


 



                                                                

ベリーダンスをしている、関わっている方なら誰もが知っている、
日本を代表するカリスマダンサーNicole。

そのニコル先生を東京から迎え、香川のスタジオルル主宰・Wakaさんが主催をしてくださり
実現した、愛媛でのベリーダンスイベント。


発端は、ニコル先生のお弟子さんで、初代ニコル組のメンバーだったAsukaちゃんが、
現在、地元の愛媛在住であることから、ニコル先生からAsukaちゃんへ、
愛媛で一緒にショーができたらいいね。というお話があり。

Asukaちゃんと私は、ちょうど一年前くらいに、道後温泉であったあるイベントで初めて
会ったのだけど、お互いベリーダンスに関わる者として、すぐに意気投合。
いつか、何か一緒にできたらいいね。と話していました。

そんなご縁から、今はベリーダンスの活動はお休みしていて、愛媛でのベリーダンス事情にも
詳しくないAsukaちゃんから、

「愛媛で活動しているマイコさんに、ぜひ、アドバイス、お手伝いをお願いしたいです~!」
と声がかかったのでした。

二人で、ショーができるような場所を探したり、予算をどうするか・・・など打ち合わせをしたのですが、
愛媛だけのベリーダンス人口は、本当に限られており、また、私もスクール経営ではなく、
あくまで個人でできる範囲のレッスンをしているだけの身なので、ちょっと、私たちだけの肩には
背負えないなぁ。。。

と行き詰っているところに、二年前、愛媛ニコル塾を主催してくださった、香川のWakaさんが、
ショーとワークショップの主催をかってでてくださることになったのでした。

スクールをきちんと経営され、このようなイベントの企画のノウハウもあるWakaさんが引き受けてくださったことで、まず、一安心。 私たちは愛媛でできることをお手伝いする。ということで、この企画はスタートしました。

昼は、愛媛近郊のベリーダンサーなら誰でもエントリー可能な、交流ハフラ。

夜は、ニコル先生をメインゲストに、四国を中心に活動するダンサーのショー。

この交流ハフラに、私がカルチャーセンターで教えている生徒さん達も出演をエントリー。
私もソロでエントリーしていたのですが、Wakaさんから、

「ショーの方で踊っていただけますか(^^)」

とオファーを頂いた時は、びっくり&嬉しさ&どーしよー!で、その場でスマホを持ちながら、ウロウロ
右往左往してしまいました。(笑)

そうと決まったからには、ショーダンサーとして恥ずかしくない踊りを見せなくてはならない!!
と、気合に気合をいれ、家でも暇さえあれば、狭いリビングで振付の練習。

半日時間が取れる日は、レンタルスタジオを予約して踊りこみ。

夜子供が寝たら、衣装の細工をチクチク。

もちろん、生徒さんの初ハフラとなるステージだから、レッスンにも力を入れて。

そして、たくさんのお客様に観に来てもらえるよう、仕事場のスポーツクラブや、カルチャーセンター、
週末ベリー部に通ってくれる生徒さん、ネイルをしてくださるネイリストさんや、宅急便のお兄さん、
お世話になっている病院、もちろん、プライベートで仲良くしている友人、家族。

みんなに、私、めちゃくちゃ頑張るから。そして、ニコル先生をはじめ、共演のダンサーさん方も
素晴らしい方々ばかりだから、ぜひ観に来てほしい!!損はさせません!!!
と、熱く、お誘いをしました。

その熱意を汲んでくださった方々が、お友達なども誘ってくださり、なんと32名もショーへお越し
くださいました!!!
その中には、兵庫の実家から、母が。そしてもちろん、応援してくれる夫、二人の子供たちも。


当日は、生徒さんのハフラを見届けるため、集合時間10時から私も会場入り。
会場の客席設営やパンフレットの準備など、できることはお手伝いをしながら、生徒さん達のフォロー。

                                 ゲネプロ(本番通りに通すリハーサル)の時は、緊張のせいか硬くなってたみんなに、
大丈夫だから!と励まし、本番。

私も、まるで初めて子供を大舞台へ送り出す母のような気持ちで、なんだか緊張。。。

みんな、がんばって~!!楽しんで、いつも通り踊れますように。
と祈りながら、見守りました。

Lulushuのみんな、本番では、すごーくよかった!!!
生き生きしたみんなの姿を見れて、出番が終わった後は、はーーー。と、一安心。

他の出演者の皆さんも、ほんと、素敵だった。


                                                                 ハフラフィナーレでは、やりきった皆さんの笑顔がキラキラ。
Lulushuのみんなも、おつかれさまでした❤


ホッと一息ついたのもつかの間、次は私がショーで頑張る番。

化粧をして、衣装を着て、あっという間にショーゲネプロ。
あっという間に客入れ、そして本番スタート!

私は前半にドラムソロ(振付シャーダナ)、休憩挟んで、後半に自作振付でイシスを踊りました。

朝から会場入りで、自分のアップなどをする時間がなかったので、ちょっと不安もあったのですが、
昨日まで、練習をがんばってきた自分を信じて。
思い切り、踊ってきました。

自分らしく、気持ちを込めて。お客様に届けることができたのでは、と、思います(*^^*)

ニコル先生と同じステージに、共演者の一人として立てる、というプレッシャーに、ショーに出演することが決まった当初は、押しつぶされそうな時もありました。
私で、いいのかな。なんて。

でも、ショー当日に向けて、準備を重ねていくうちに、どうしよう、というプレッシャーよりも、楽しみでしかたなくなっている自分を発見。

他の人がどう思おうと、私は私らしく、私の表現したいことを出し切れば、いいんだ!って。
自分を信じること。それができれば、きっと、大丈夫。

本番、踊っているその時間。本当に、気持ちよかった。
お客さんの顔までは暗くて確認できなかったけれど、空気は、私と同じものを感じてくれてるんじゃないかな、って思えた。
その手ごたえがあっていたなら、よかったと思う。

ショーフィナーレの後、私のもとに声をかけにきてくださった観客の皆さんの、お褒めの言葉と表情に、
嘘はなかったと思うから✨ 


                 

          

                                                                  

                                                                 皆さん、ありがとうございました(*^^*)

楽屋で出番待ちの時などは、同じ愛媛のNINAちゃんやNicole先生と一緒にスナップ写真撮ったり、
AsukaちゃんやChocoさんとおしゃべりしたり。
Yuccoさんは、出番が3回あったので、ほとんど着替えでバタバタされてました(^^;
タブラサディーカさんの演奏の時は、楽屋からみんなでノリノリ。

                                                                 
    
楽屋でのお気遣いに、感謝✨ 
NINAちゃんも、素敵な手書きデザインの袋で差し入れをありがとう♡             

皆さんの踊られている様子は、楽屋側からチラッと覗くことしかできなかったのは残念だけど、でも、
皆さんがそれぞれのオーラを放ちながら踊られている様子が、ビシバシ伝わってきました。

ほんとに、とってもとっても、楽しかった!!

ショーが終わって片付けをし、会場を出て、打ち上げへ。
県外から泊りで来てくださった、広島のサヤカさん、高知の真希ちゃんも参加してくれて、香川、愛媛、高知と、そしてもちろん、東京からニコル先生を囲んでの、このような交流が、愛媛で実現するなんて。
もう、贅沢で、ありがたくて、嬉しくて。

          

                

夢のような、一日でした。

身体はクタクタ、頭は興奮状態。

夜中に帰って、お風呂に入っても、全然眠れない!!
明日はニコル塾3本ぶっ通しなのに~~~!!!
 
翌日のWSの模様は、また後日のブログで☆


愛媛ニコルショー&交流ハフラ!!に対する0件のコメント:

コメントRSS

コメントを書く

お名前:
Eメールアドレス:(必須)
ウェブサイト:
コメント:
HTMLタグでテキストを大きくする, ボールド, イタリック体 にするなどの編集が可能です。 編集の方法はこちらで.
Post Comment