ベリーダンサー・クラーニャ 月と舞う夢 - Biography
ベリーダンサー・クラーニャ 月と舞う夢 - ベリーダンスを愛する人へ。これから、出会う人へ。 ・

クラーニャとは。

Krania はなみずき










Krania 


ギリシャ語で ハナミズキ。を指します。

4~5月に、白やピンクなどの、可憐な花を咲かせる、水木の仲間です。

私のダンサー名がなぜ Krania なのか、それはこの後出てきますので、しばし私の身の上話に
おつきあいくださいませ☆  


?????A 
私がベリーダンスに出会ったのは、兵庫県伊丹市に住んでいたころ、二人目の出産を終えて、
1年あまりが過ぎた頃でした。
 
おっぱいも卒業し、幼児食を食べれるようになった娘を、近くの実家の母に預けて
カルチャースクールの体験レッスンに行ってみたのが、そもそもの始まり。

もう、最初の数十分で、

「私は、このダンスをやりたい‼ 私が求めていたのは、これだ。」

と、なんだかわからないけど、体の奥底から情熱が湧き出てくる感覚を、
今でもはっきりと覚えています。

体験レッスンを終えたその足で、ベリーダンス用のレッスン着を買いに、梅田へとくりだしたっけ・・・(*'▽')

それから、そのカルチャースクールに4か月くらい通い、もっとやりたい、と、別の教室を探して行き出したのが大阪のBellyMix。

Maya先生、Yuko Kuwahara先生に師事し、習い始めて10か月でYuko先生主催のハフラ(発表会)にて
初ステージ。
ダンス仲間二人と、スタジオを借りて、部活のような自主練もしました。

Nanako & Krania duo




















その後すぐ、仲間のお知り合いからのオファーで、企業パーティの余興で踊らせて頂いたり。
ベリーダンスを始めてちょうど1年で、ベリーミックスの発表会に出演。

色んな先生のクラスの発表を見て、たくさん刺激を受けて、これからますます、ベリーダンスを追及していきたい!!と、情熱は高まる一方でした。

そんな矢先、夫の転勤の辞令が出ました。
行先は、愛媛県松山市。

夫の実家が愛媛の北条という所で、まったくゆかりのないところではなかったものの、それでも、
私にとっては、ほとんど知り合いもない、新天地での再出発。

ベリーダンスも、引っ越しや、子供の学校、幼稚園のことなどが落ち着けば、教室を探して、
またやり始めよう!

・・・あれ?教室、どこにあるの?

インターネットで検索して、ようやくヒットした教室は一つだけ。
レッスン日時を問い合わせると、夕方、夜だけ。
放課後は子供の面倒を見なければならない、私のような主婦が通いやすい、平日昼間のレッスンが、
ないではないか。

・・・え~~??? うそでしょ・・・

お先真っ暗。とは、まさにこのことだと、思いました。

私、この先、たった一人で、どうベリーダンスを続ければいいの?

夫の転勤のせいで、自分がやっと見つけた夢中になれるものを、諦めなくちゃいけないの??
その時は、転勤族の妻という自分の立場を、心底、呪いたい気分でした。

でも、その後、ホットヨガスタジオで、ベリーダンスのレッスンをやっているという情報にたどり着き、
わらにもすがる想いで訪ねてみることに。

そこでようやく、ベリーダンスを楽しむ人がいる場所につながったのです。
ヨガスタジオなので、本格的にダンサーとして研鑽を積むような教室とは違いましたが、それでも、
私にとっては救いの場所でした。

数か月、月2回程度のレッスンに通いながら、そのインストラクタ―の方と、会員さん数名とで、
道後公園の観月祭に、ステージ出演することになりました。
ステージ発表できる場がないか、と私が夫の知り合いに掛け合い、つながったご縁です。

2013道後公園観月祭Krania  

2015道後公園観月祭ラグナムーン




























ほどなくして、インストラクターをやってみたら?というお誘いを頂き、私なんかまだまだ自分もヒヨッコなのに!と驚き慌てながらも、これは、せっかくの
チャンス。挑戦してみよう!と、そのヨガスタジオのインストラクターをさせていただくことに。 これが、今、私が教えることを仕事にしている、最初の一歩になりました。

半年後、カルチャースクールで、自分の講座を開講。
ヨガスタジオはその後退職し、スポーツクラブ等に自ら売り込み、レッスンを持てることになりました。
現在、二か所のスポーツクラブでレギュラーレッスンをしています。

また、仕事などで週末しか時間のない方のグループを個人的にレッスンしたり、向上心が出てきた
カルチャー生徒さんの依頼でプライベートレッスンをしたり、と、個別レッスンも、させていただいています。

生徒さんと、ラグナムーンという名前のベリーダンスチームを結成し、道後公園の観月祭をはじめ、
北条・鹿島まつりや、道後温泉での村祭り盛り上げ隊など、様々なイベントにも、積極的に活動の場を
広げています。

2015道後公園観月祭Krania solo
2015 道後村祭り Krania solo


























2016.3月市民文化祭ラグナムーン 
















このように生徒さん方を引率しながら、自身もまだまだ、お尻の青い駆け出しです。
学びの場を求め、主に関西へ、ショーを鑑賞したり、スターダンサーのWS(ワークショップ)を受けに行ったり。 踊りを披露できる場を求め、ハフラやイベントにも、積極的に参加したりして、自身のスキルアップに務める日々です。

おかげさまで、一人でも色んな場所に飛び込んでいくことで、たくさんのベリーダンス友達ができました。そのご縁から、色々、楽しいことを企画していこうと、考えていることもありますよ☆

お知らせできるタイミングになったら、このHP上でも随時アップしていきますので、ぜひチェックしてくださいね♪

そうそう、名前の由来について。
初めて、自分の講座を開講したカルチャースクールの名前が、ハナミズキの木々が立ち並ぶ通りにあった「えひめ文化健康センター はなみずき館」でした。

自分がベリーダンス講師として仕事ができるのも、支えてくれるスタッフさんや、ついてきてくれる生徒さん方のおかげ。という、初心を忘れないように。
そんな想いを込めて、その「はなみずき」を、ダンサー名に使わせていただくことにしたのです。

なんで、ギリシャ語なのか、って? それは、完全に、響きのよさとインスピレーションですね(笑)